取り扱い事件風俗トラブル

CESE

弁護士が介入すれば、不当な要求を辞めさせ、
適切かつ終局的な解決を図ることができます。

風俗に端を発したトラブルは多くあります。

  • 本番をしたところ売春防止法違反だと言われた。
  • 本番をしたところ強姦されたと言われた。
  • 盗撮をしたところ見つかった。

このようなトラブルに巻き込まれた際、お店、風俗嬢または彼氏を名乗る人物から次のような要求がされることがあります。

  • 刑事告訴する。
  • 慰謝料を払え。
  • 家族や職場にばらす。

このような要求に応じた場合にも次のような主張がされ、紛争の解決にならないこともあります。

  • この前支払ったのは慰謝料の一部だから、残りの分を支払え。

弁護士が介入すれば、不当な要求を辞めさせ、適切かつ終局的な解決を図ることができます。
風俗トラブルに巻き込まれた方は、天童法律事務所にご相談ください。