コラム
column

天童法律事務所の刑事事件の弁護士費用について

1 天童法律事務所の弁護士費用

天童法律事務所においては,盗撮・痴漢・万引き・暴行・傷害・器物損壊については着手金を10万円としています。そして,不起訴になった場合にのみ成功報酬として40万円をいただいております。刑事事件の弁護士費用としては成功報酬に比して着手金は低く設定しています。

2 他の事務所の弁護士費用の一例

1 他の事務所の弁護士費用の一例

比較の一例として,他の事務所では,次のような料金体系のところがあります。

【着手金が30万円,略式起訴(罰金)の場合でも公判請求に至らない場合は成功報酬として30万円】

2 そのような弁護士費用の問題点

ところが,このような弁護士費用には問題があります。

1つ目の問題は,示談の不確実性です。

実際の印象としては,私選で誠意をもって謝罪をした場合,示談に至ることは多いように感じます。特に在宅事件の場合は結果が甚大なものでないことが多いので,その傾向はより顕著です。

しかし,示談は最終的には被害者の意思によることになります。他の事件類型であれば,ある程度勝ち筋,負け筋は読めますが,示談はそうはいきません。この点に示談の不確実性があります。

2つ目の問題は,依頼者様の経済的負担です。

示談は不起訴の可能性を高めます。しかし,示談がうまくいかない場合,略式起訴等(罰金等)がされる可能性が高まります。

ところが略式起訴(罰金)をがされた場合にも成功報酬が発生することになれば,依頼者様は,罰金のほかに,成功報酬を含む弁護士費用まで負担する必要が生じます。さらに言えば,示談が成立していないので,被害者からの民事的な請求権も残ることになります。

つまり,弁護士費用,罰金,慰謝料全てを支払う必要が生じます。経済的負担が大きくなります。

3 示談をすることのメリット

一方で,不起訴,つまり前科をつけないためには,不起訴に向けて行動する必要があります。黙っていれば弁護士費用は免れるかもしれませんが,前科に加えて,罰金,慰謝料を負担する必要が生じます。

仮に示談が成立し不起訴になれば,前科はつきません。前のコラムに記載したとおり,罰金,慰謝料の問題が一挙に解決するというメリットもあります。

このように,示談がうまくいき不起訴になった場合には,依頼者様には大きなメリットが出ることになります。

4 天童法律事務所の弁護士費用

そこで,天童法律事務所では不起訴という成果を得られた場合に限り報酬金をいただく仕組みなっております。

不起訴ということは,罰金は科されませんし前科もつきません。示談が成立していれば,被害者からの民事的な請求も解決していることになります。

このような場合,つまり依頼者様にメリットが出ている場合に限り,成功報酬として弁護士費用をいただきます。

 

刑事事件でお悩みの方がいらっしゃいましたら,天童法律事務所までお気軽にご相談ください。