コラム
column

示談金の相場

1 示談とは

「示談」とは,傷害,暴行・盗撮などの「被害者がいる刑事事件」で,被害者と加害者が話し合いによって事件を解決する手段です。示談の成立のために加害者が被害者に対して金銭を支払って損害賠償し,和解に至るなどの方法がよくとられます。

2 示談金はいくら用意するのか

「示談金はいくら用意すればよいか?」ということを聞かれることがあります。

そもそも,示談の成立は被害者側の意思で決定します。弁護士が相場を提示したとしても,被害者側がそれに納得しなければ示談は成立しません。そのような意味では,示談金をいくら用意すればよいかということに回答はないということになります。

3 示談金の相場

ただし,実際の示談においては,弁護士から過去の事例を踏まえた相場を示した上で,その根拠を説明し,その額を打診することになります。相場を大きく超えて,示談するという例は多くないという印象です。そのような意味で捉えるならば相場はあります。

4 示談金の考え方

相場を決定するうえで重要なことが具体的な行為です。例えば「痴漢行為」の場合でも,「迷惑防止条例違反」が成立するのか「強制わいせつ罪」が成立するのか,といった状況によって相場は大きく違ってきます。さらに言えば,強制わいせつ罪の中でも悪質性の高いものから低いものまであり,一概に相場が出ません。

山形で刑事事件でお悩みの方がいらっしゃいましたら,天童法律事務所までお気軽にご相談ください。