コラム
column

刑事事件と民事事件の違い

1 刑事事件と民事事件の当事者

「刑事事件」と「民事事件」の違いは,裁判において争う当事者の違いによって区別するのが分かりやすいと思います。

「刑事事件」の裁判は,国家権力(警察官や検察官)と被疑者(被告人)の争いとなり,「民事事件」においては,私人(個人あるいは法人を問わず)と私人の争いとなります。

2 刑事事件と民事事件の目的

「刑事事件」における犯罪行為は,殺人,傷害,暴行,窃盗,盗撮,痴漢などであり,そこに警察や検察といった捜査機関が介入し,捜査を行ったうえで,刑罰を科すかどうかの判断を下す裁判が行われるのです。最終的な目標は犯罪を犯したの人に,刑罰を下すことにあります。

一方の「民事事件」は,貸したお金を返してほしい,交通事故に遭って加害者に損害賠償請求をしたい,会社から不当に解雇された,不倫相手に対して慰謝料を請求したいなど,私人間のトラブルに関して,権利を主張する側が原告となり提訴し,裁判が行われるものです。最終的な目標は,基本的には,金銭での賠償・支払を求めるということになります(もっとも厳密に言えば金銭だけではありませんが,ここではわかりやすく金銭とします)。

以上のように,最終的な目標が刑罰を科すことにあるのが「刑事事件」です。最終的な目標が金銭の支払いにあるのが「民事事件」となります。

 

山形県で刑事事件でお悩みの方は,天童法律事務所までお気軽にお問い合わせください。